ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< MY TATTOO TOUR 其の一 「prologue」 | main | MY TATTOO TOUR 其の四 「フランス編其の二」 >>
2017.05.06 Saturday

MY TATTOO TOUR 其の二 「台湾編」

台湾編 

ついに旅が始まった。

国内での営業を一旦休業し、まずは台湾は高雄市(カオシュン)に。

飛行機で1時間程度。入国はスムーズ。でもなかったか?

 

台湾は日本との時差は1時間だ。

通貨は台湾元。略称は元(ユェン)。もしくはニュータイワンドル(NTDollar)。

高雄市は台北市に次ぐ台湾第二の都市で、世界有数の港町だ。

台湾の南部分に位置している。高雄の気温は3月なのに暑い、さすが南国ですね。

 

現地にて円を台湾元に両替し、一日早く入国していたBOOGEYMAN TATTOOカミウト夫妻と合流。

こちらのWIFI状態は皆無なのでカミウト頼みの台湾ツアー。 申し訳ない

台湾TATTOO COVENTION

台湾TATTOO CONEVTIONの様子

かなり広い会場。この場所で3日間開催される。
各日に各分野でコンテストも開催されている
台湾のタトゥーに対する偏見は日本に比べると圧倒的に少ないらしい。
そしてタトゥーシーンはものすごく盛んらしい。
台湾国内で展開されているサプライはとても先進的で刺青師の技術レベルは高い。
そんな環境を本当に素晴らしく思う。
とても勉強になりました!
あと、観光したこととか。
高雄市の街並み
蓮池潭(リエンツータン)
蓮池潭は、高雄郊外にあり、多数の道教の寺院や中国風建築物が周りを囲む。
龍虎塔
龍虎塔は蓮池潭の中にあって、龍と虎の内部には地獄絵の装飾が施されているそうな。
今回、時間が遅くて中には入れなかった。
周囲の寺院
周囲の道教の寺院は隙間なく赤、黒、金色の装飾。
唐風の細かい彫刻が処せましと施されていて、とても派手で豪華だ。
蓮池潭は玄天上帝(げんてんじょうてい)を中心に祀っているようだ。
玄天上帝はもともと四象神の青龍、朱雀、白虎、玄武のうちの玄武からさらに神格化した姿らしく、
玄武と同じく北方を守護する役割もあるらしい。
台湾の人達にはすごく信仰深く感じる。
道教の寺院ではあるが、それらを神として祭り、
神道の神社のように祈願する場所としても兼ねている。
だからなのか?寺院にて参拝する機会も多いのだろう。
道教は日本では馴染みは薄い。そしてなかなか複雑そうな印象がある。
自分たちが観光しているなか、熱心に参拝(拝拝)している若い夫婦を見た。
やり方もずいぶん違うようだった。
旗津島
旗津島(きしんとう)高雄市の市轄区で、は元々は半島だったらしいのだが、
高雄港の拡張の工事で削り取られて、島になったらしい。
旗津島まではフェリーで行き来できる。ああ暑い。
台湾での食事
台湾では数多く「夜市」という露店、屋台の市があり、
夜はいつも夜市に行ってはいろんなモノを食べた。
どれも本当においしいものばかりだった。
高雄市の夜市
いろんな屋台がある。しかも安い。
朝食屋
台湾では「朝食屋」と呼ばれる朝限定のお店。
これも本当に美味しかった。
台湾の朝食文化おそるべし。
わずか数日間の台湾の旅。
何もかもが本当に素晴らしかった。
しかしヨーロッパ行きが控えているため後ろ髪惹かれる思いでカミウトより先に離脱。
ありがとう高雄!ありがとうカミウト!ヒカリちゃん!

 

MY TATTOO TOUR 其の三につづく

 

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album